ソレダメ! 骨ストレッチのやり方は?腰や股関節の痛みを改善!|10月25日テレビ東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月25日に放送される「ソレダメ!」で姿勢や股関節などの痛みを改善できる、骨ストレッチについて紹介されます。

骨ストレッチとは、骨を意識して動かすだけの簡単なストレッチのようです。

この骨ストレッチをするだけで簡単に腰痛や股関節痛を改善できてしまうそうです。

そんな骨ストレッチのやり方は一体どのような感じなのでしょうか。

スポンサーリンク


骨ストレッチとは?

10月25日に「ソレダメ!」で紹介される骨ストレッチ

この骨ストレッチは簡単な動作だけで、腰痛や股関節痛、姿勢の歪みなどを改善してしまうストレッチ法なんだそうです。

若い世代の人から、70代以上の方まで簡単にできて効果が得られるようです。

 

よく、スポーツ選手の間で耳にしますよね。

スポーツ選手の間では、かなりメジャーなストレッチ方法なんだそうです。

最近でいうと、陸上の桐生選手が骨ストレッチを実践されているようですね。

骨ストレッチの専属のコーチもついているとか、、。

 

そんなかなりメジャーな「骨ストレッチ」の効果とは一体どのようなものなのでしょうか。

骨ストレッチの効果は、身のこなしが軽やかになり、股関節や腰の痛みは軽減されるようなんです。

また、この骨ストレッチを継続することで、姿勢の改善をできてしまうのだそう。

本当に願ったり叶ったりなストレッチ法ですよね。

スポンサーリンク


骨ストレッチのやり方は??

そんな骨ストレッチのやり方とは一体どのようなものなのでしょうか。

 

骨ストレッチのやり方は、「骨」を意識して簡単な動作をするだけなんだそうです。

1、右手の親指と小指をつける(基本の体勢)

2、右腕の肘を90度に曲げる

3、右手の親指と小指で右手首のグリグリの骨の部分を軽く押さえる

4、右腕を後ろに引く

たった、こんだけの動作で良いのです。

めちゃくちゃ簡単ですよね。。

 

その簡単な動作は動画でも説明されています。

これが「骨ストレッチ」なんです。

筋トレのように力を込めてやるのではなく、「力を抜いて」やるのがポイントのようですね!

ゆるゆると言った感じを意識してやると良いそうです。

 

骨ストレッチの効果を実感する方法

骨ストレッチは、あくまでストレッチなので効き方には個人差があります。

骨ストレッチの効果を十分に実感するには、「ある方法」が必要なんです。

その方法とは一体何なのでしょうか。

 

骨ストレッチの効果を実感する方法は、、、「心からストレッチする」ことなんです。

骨ストレッチを編み出した、松村先生は実践前に必ず実践者にこう言います。

 

考えるな!感じろ・・・故ブルース・リーのあまりにも有名な言葉ですね。
骨ストレッチも頭で考えず、これまでの常識と照らし合わせず、ただ骨ストレッチ
を素直にやってみることです。身体で感じることが大事。

肚(はら)で感じてみよう・・・腑に落ちる。日本人特有の感覚だそうです。
頭の理解ではなく、肚にずっしり来る感じ…理解を越えた納得。
直感って頭ではなく、肚で感じるものですよね。理屈(頭)が介入する余地がなく、
先に身体が反応してしまうような感覚…

笑顔でやろう!・・・しかめっ面だと身体がリラックスできないしね。
講習会でも理屈っぽいのが好きそうな人はほぼしかめっ面…
でも終盤になると不思議と全員が笑顔になります。身体も心もほぐれた証拠。
骨ストレッチ効果を最大限に味わえる瞬間です。

このような事を必ず口にします。

やはり緊張して固まってしまっていては、効くものも効きづらくなってしまいます。

実践前に先生と打ち解けるもの大事な事なんです。

また家で実践するときは、『効果があるのかな。』という疑う心が前よりも、『効果がすごいらしい。』といった前向きな気持ちも大事なんです。

病は気からというように、気持ちで人間の感覚は左右されます。

効果があるストレッチな事に違いありませんし、いかに自分の腰痛夜行関節痛を直すかを考えて、ストレッチに臨みましょう。

スポンサーリンク


管理人のまとめ

骨ストレッチはお金もかからずに、簡単に行えるストレッチのようですね!

たった4ステップの簡単な動作をするだけで、驚くべき効果が得られるそうです。

この骨ストレッチをやっただけで、「腰痛と股関節痛の改善」「姿勢の改善」「腰がくびれる」「小顔」「足が細くなる」などの効果が得られるそう。

まさに夢の健康法ですね。。

効果があるなし関係なしにぜひ試してみたい健康法だと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



スポンサーリンク





コメントを残す

*